.。*✩*.゚良い脱毛効果を実感する為に.。*✩*.゚

美肌目指して脱毛サロンへ通うという事は、当然脱毛効果は気になるところですね。

脱毛サロンに通えば脱毛効果により体毛が少なくなるのを実感できますが、より良く脱毛効果を実感する為にはただ通うだけでなく、定期的に通えるように常に良い肌状態でいる為のホームケアを行う事が大切です。

では、なぜホームケアが必要なのでしょうか。

光脱毛で肌がダメージを受ける?

光脱毛は肌へ光の照射を事を定期的に繰返し行う事で、毛の成長が遅くなったり毛量が少なくなたりして抑毛減耗を実感する事ができます。

この光のエネルギーは、毛を伝って毛根にある毛の発毛組織や、皮膚内の血液やメラニンや水分に作用するので、お肌は一時的に熱エネルギーによるダメージを受けています。

そして脱毛施術方法にもよりますが、施術を受けた体感は「温かみを感じる程度」「軽い熱さ・痛み」などの多少の刺激感はあり照射した後は赤みが出るくらいが良い脱毛効果が得られると言われています。

でも考えて見てください!!軽い熱み・痛みを感じるくらいの光のエネルギーが肌に入っていて、皮膚表面が軽く赤くなるということは軽い火傷を起しているという事なんです。当然ですが肌は水分が抜けてダメージを受けている状態です。

ですからサロンではダメージを受けた肌が元の状態へ戻るように、熱を帯びてる肌に冷たいタオルで鎮静し保湿をしたり、保湿成分や炎症を抑える成分がたっぷり入ったジェルを肌に塗布して施術したりお肌にトラブルが起きないよう注意しています。

自分は普段から乾燥肌ではないから大丈夫!なんて思っている方も注意して下さいね。

 

自宅での保湿ケアも大切に!

脱毛サロンでは施術後、しっかり保湿ケアを行いますが「脱毛期間中はお肌が乾燥しないようにしっかり保湿を行って下さいね。」という説明があります。

実はこれ。とっても大切な事なんです。

見た目では変化のない肌ですが、施術中に受けた光の熱エネルギーが作用する肌の内部は水分が少なくなりとっても乾燥しやすい状態なっているんです。

お肌の乾燥=トラブル肌です!

お肌が乾燥していると脱毛が出来ない訳ではありませんが、トラブルのないお肌に施術するのと比べて脱毛効果が落ちる(効果の実感に違いがでる)ようです。

ですから脱毛後はもちろん脱毛サロンへ通っている期間中はお肌ケア(保湿)をしっかり行う事をおすすめします。

せっかく、光を当てたのに効果が落ちるのはもったいないですもんね!

ちなみに、粉が拭くほどの乾燥肌では脱毛の施術NGというサロンもあるようなので気になる方はサロンへ問い合わせてみると良いでしょう。

保湿するのは何でもいいの?

光脱毛中(通っている期間中)のお肌の保湿ケアは、どんなものを使えばいいのか(普段のスキンケアで使ってるものでいいのか)迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自宅で行う場合、保湿用であれば「ローション・クリーム・ジェル」などで問題はありません。

ただ保湿クリームについては元々の肌質で乾燥肌(乾燥しやすい)方や敏感肌の場合、光の照射により肌に負担がかかる事とクリームの油分で毛穴を塞いでしまう事で肌に赤みが出てしまう可能性もあるようです。

そのような場合は、施術当日だけでも肌に負担のかからないよう油分の少ないもので保湿を行うのもお勧めです!

実際、施術後自宅でクリームで保湿をしていたところ「赤みがでて2~3日したら消えた。痒みはなかった」というお声を頂いたことがあります。後日来店した際、サロンで使用し手いる保湿ローションを試し使用していただいたところ赤みは出なかったと連絡をいただきました。

こちらのお客様は元々乾燥肌でしたので、クリームの油分が関係していたのかもしれません。

 

まとめ

光脱毛後のお肌の保湿は良い肌状態を保ち脱毛効果を出す為と施術によってダメージを受けたお肌を守る為に、必要なホームケアです。

市販品でもサロンお勧め商品でも、保湿効果のあるものであればなんでもOKです。

せっかく保湿をするのであれば、ご自身が気持ちよく使える商品でお肌を整えてキレイ肌を

目指して下さい!

Follow me!